詳細はこちら

刃物はハガネの平面と平面が鋭角に交わる事により真の切れ味が生まれます。
しかし、刃物を研ぐ事により砥石の変形が始まり、
研ぐ回数を重ねる度に、刃物の平面までも損われていきます。
真の切れ味を得るまでには永年の経験が頼りで、大変な時間と労力を必要としてきました。
大切な事は、刃物の平面を作る事と、
砥石を平坦に保つ事です。
シャプトン製セラミック砥石と、空母との組み合わせにより、
刃物修正面で可能な限り刃物を平面に作り、
砥石修正面で砥石の平坦化を保ちながら、
今までにない平面研ぎをご体感下さい。