FAQ

砥石について

使用前に水に浸す必要はありますか?

水に浸す必要はございませんが、ご購入後初めてお使いになる場合は、ご使用前5~6分砥石を水に浸していただくと、より滑らかな研ぎ感が得られます。

砥石に使用期限はありますか?

使用期限はございません。

シャプトンの砥石はどんな特徴がありますか?

「高い研削、研磨力」、「すぐ研げる」、「変形しにくい」、「臭わない」、「長持ち」などが挙げられます。

硝子砥石はどんな特徴がありますか?

砥石は従来大きく重いイメージでしたが、薄くて軽いだけでなく、強化硝子を貼り合わせることで強度があり、落下や外部からの衝撃などの不意の破損による割れに強くなっております。

購入した砥石表面に色ムラがありますが問題ありますか?

砥石の性質上、砥面にシミや色ムラの出る場合がありますが、品質には問題ございませんので安心してご使用ください。

刃の黒幕シリーズの砥石の表裏はどちらの面を使用しますか?

どちらの面も使用可能ですが、文字の印刷してない面からのご使用をお勧めします。

砥石の表面がまだら模様に白くなってしまったが問題ありますか?

保管状況によってまだら模様がでる場合がございますが、品質には問題ございませんので安心してご使用ください。

研ぐことのできない素材の刃物はありますか?

セラミック、超鋼以外の刃物は全てお研ぎいただけます。

刃の黒幕シリーズの購入時に付いていたケースが壊れてしまったが購入できますか?

ケース単体でのご購入が可能です。

micron classとは何ですか?

砥石の粗さ(砥石の砥粒の大きさ)を表しており数値が大きほど砥石に含まれている研磨材が大きく粗い砥石になります。

typeとは何ですか?

砥石に含まれる研磨材の種類を表しております。

砥石は何でできていますか?

主にアルミナや炭化ケイ素などの研磨材と結合剤、複合材で構成されています。

長時間水に浸しても問題ありませんか?

砥石が軟化してしまう恐れがありますので、30分以上水に浸さないでください。

お湯を使用しても問題ありませんか?

お湯をかけることで極端な温度差が生じ、ひび割れの原因になりますのでご使用しないでください。

洗剤を使用しても問題ありませんか?

洗剤は砥石の質的変化の可能性があるためご使用しないでください。

カエリ(バリ)取りの方法を教えてもらえますか?

カエリが出ている側を砥石にあてながら、力をあまり入れずに滑らすことでカエリを取ることができます。

刃こぼれがある包丁を研ぐことはできますか?

刃こぼれが大きい場合は、25micron class以上の粗い砥石で刃こぼれを無くした後、順に砥粒の細かい砥石に替えて研ぎます。

0micron classの砥石の研ぎ感が悪いのですが?

0micron classの砥石は刃先約1mmを今までにない最高の切れ味にすることを目的にしていますので、従来の研ぎ方による研ぎ感は、良くないと感じられるかもしれません。

3micron class以下のの砥石で研いでも刃物に傷が見えるのですが?

粗い砥石で研いだ後に、研汁が刃物や手に付着したまま砥粒の細かい砥石で研ぐと、粗い研磨材によって刃物に傷がついてしまうため、前の工程での汚れをよく流すことが重要です。

砥石を使用する順番を教えてもらえますか?

通常砥粒の大きい粗い砥石から砥粒の小さい砥石の順にご使用ください。

どのくらいの期間で研ぎ直すのか教えてもらえますか?

砥ぐ刃物の素材や用途、使用頻度、お求めになる切れ味によって等様々です。
切れ味が悪いと感じた時点で研ぎ直すことをお勧めいたします。

53micron class以上の粗い砥石はどんなときに使いますか?

刃付けや、大きな刃こぼれがある時に使用します。

共擦りとは何ですか?

砥石の表面同士を擦り合わせることを言います。

名倉砥石は付いていますか?

名倉砥石をすることで砥面が荒れて凸凹になる為、名倉砥石は必要ございません。

砥石にオイルを使用して問題ありますか?

問題ございませんが、ただ一度オイルを使ったものはオイル専用砥石としてご使用ください。

以前購入した刃の黒幕と印字のデザインに違いがありますが、仕様に違いはありますか?

印字のデザインのみ変更しており、変更の前後で砥石自体の品質、仕様に違いはございません。

M5シリーズについて

大きさ210x70mm、厚み5mm(研磨層)の砥石です。
持ち運びに便利な収納ケースが付属されており、砥ぎ台としてもご使用になれます。

S1601 M5ホワイト 荒砥(120)
S1606 M5モス 荒砥(180)
S1602 M5オレンジ 中荒砥(1000)
S1607 M5ブルー 中砥(1500)
S1603 M5グリーン 中仕上砥(2000)
S1604 M5エンジ 仕上砥(5000)
S1605 M5クリーム 超仕上砥(12000)

※M5シリーズは日本国内でのみ販売しております。

M15シリーズについて

大きさ210x70mm、厚み15mmの砥石に木台を貼り付けた商品です。

シ0706 M15モス 荒砥(220)
シ0702 M15オレンジ 中荒砥(1000)
シ0707 M15ブルー 中砥(1500)
シ0703 M15グリーン 中仕上砥(2000)
シ0704 M15エンジ 仕上砥(5000)
シ0705 M15クリーム 超仕上砥(12000)

※M15シリーズは日本国内でのみ販売しております。

M24シリーズについて

大きさ210x70mm、厚み24mmの砥石に木台を貼り付けた商品です。

シ0801 M24ホワイト 荒砥(120)
シ0802 M24オレンジ 中荒砥(1000)
シ0807 M24ブルー 中砥(1500)
シ0803 M24グリーン 中仕上砥(2000)
シ0804 M24エンジ 仕上砥(5000)

※M24シリーズは日本国内でのみ販売しております。

Lr250シリーズについて

大きさ250x100mmの砥石に木板を貼り付けた商品です。

シ0901 Lr250ホワイト 荒砥(120)
シ0902 Lr250オレンジ 中荒砥(1000)
シ0903 Lr250グリーン 中仕上砥(2000)
シ0904 Lr250エンジ 仕上砥(5000)
シ0905 Lr250クリーム 超仕上砥(12000)

※種類によって厚みが異なります。
 オレンジ、ホワイト 20mm
 グリーン 18mm
 クリーム、エンジ 15mm

※Lr250シリーズは日本国内でのみ販売しております。

カバドシリーズについて

大きさ250x100mm、厚み20mmの砥石に木板を貼り付けた商品です。
専用の研ぎ台とセットで販売しており、砥石裏面の木板には研ぎ台と固定するための穴が空いております。
現在、カバドシリーズは替え砥石のみ製造をしております。

シ0301[廃番] カバド ホワイト 荒砥(120)
シ0302[廃番] カバド オレンジ 中荒砥(1000)
シ0303[廃番] カバド グリーン 中仕上砥(2000)
シ0304[廃番] カバド エンジ 仕上砥(5000)
シ0305[廃番] カバド クリーム 超仕上砥(12000)

シ0401 カバド(替砥石) ホワイト 荒砥(120)
シ0402 カバド(替砥石) オレンジ 中荒砥(1000)
シ0403 カバド(替砥石) グリーン 中仕上砥(2000)
シ0404 カバド(替砥石) エンジ 仕上砥(5000)
シ0405 カバド(替砥石) クリーム 超仕上砥(12000)

※カバドシリーズは日本国内でのみ販売しております。

修正器について

「空母」と「なおる」の違いは何ですか?

「空母」の修正面は青銅鋳物にダイヤモンドが電着されており、砥石の修正面と刃物修正面がございます。
「なおる」は鼠鋳鉄鋳物の修正面に付属の修正用パウダーをふりかけて使用します。

2micron class以下の細かい砥石を修正器で修正しても、購入時のような砥面に仕上がらないのですが?

砥石を10分ほど、水に浸してから修正してください。

「なおる」で天然砥石を修正することは可能ですか?

天然砥石の修正も可能です。

「なおる」購入時についてきた修正用パウダーが無くなってしまったが購入できますか?

修正用パウダー単体の購入が可能です。

正しく修正できているか確認する方法はありますか?

1つの目安として修正する砥石の表面に鉛筆で格子状に線を引き修正を行ってください。書き込んだ線が消えた箇所は修正器の修正面があたっており正しく修正が行われております。

硝子修正器は何回ぐらい修正ができますか?

通常1,000~3,000回程度修正することが可能です。

硝子修正器はどの荒さの砥石でも修正ができますか?

25micron class以下の細かい砥石が修正できます。

「空母」の研削力が落ちてきたが対処方法はありますか?

長期間のご使用でダイヤモンドが摩滅摩耗します。研削力が低下した場合にダイヤモンドの再電着がご利用になれます。

「なおる」と「修正用パウダー細目」を使って修正しても、砥面がザラザラして鏡面のような仕上りになりませんが対処方法はありますか?

「修正用パウダー中目」を使用し軟化した部分を削り取って良く汚れを洗い流してから、再度「修正用パウダー細目」により砥面を仕上げてください。

新品の「空母」を使って2micron class以下の細かい砥石を修正したら、砥面がザラザラして鏡面のような仕上りになりませが対処方法はありますか?

新品の「空母」はダイヤモンドの突き出しがありますので、6~25micron classの砥石を数回修正した後にご使用ください。

「空母」の再電着をお願いしたいのですが、どこで受付ができますか?

販売店様もしくは、弊社にて受付が可能です。

3micron class以下の細かい砥石を面直ししたら研げなくなってしまったのですが?

3micron class以下の細かい砥石の砥面は、「空母」や「硝子修正器」、「なおる」と「修正用パウダー細目」等で修正を行ってください。

「なおる」で砥石を平らに修正することができなくなってしまったのですが?

「なおる」は平面修正が可能です。
販売店様もしくは、弊社にて受付が可能です。

空母はどの荒さの砥石でも修正できますか?

修正可能です。
空母は、25micron classより細かい砥石の修正にご使用いただけます。

シャプトンの修正器(空母、硝子修正器、なおる)でダイヤモンド砥石を修正することはできますか?

修正面が傷つく可能性があるため、ダイヤモンド砥石の修正はお勧めできません。

お手入れについて

購入時と比べ研ぎ感が悪くなってきてしまったのですが?

砥面の変形が原因の一つとして考えられます。砥面を平らにするため修正を行ってください。

砥石にクラック(ヒビ割れ)が出てしまったのですが?

クラックは砥石を長期間使用されなかった場合や、ご使用上の注意を守られなかった場合に発生する事があります。クラックのある部分の表面を削り取ってください。クラックは大きくなるほど奥まで進行してますので小さい段階で削りおとすことが大切です。

目詰まりした場合の対処法はありますか?

「復活砥石」のご使用をお勧めします。

使用後のお手入れについて教えてもらえますか?

ご使用後は、スポンジ等で汚れを洗い流してください。汚れが付着したまま放置されますと、研ぎずらくなる場合がございます。

砥石の保管方法は?

風化現象やヒビ割れの原因となりますので屋外や直射日光のあたる場所には放置しないでください。

砥石表面を紙ヤスリで修正しても大丈夫ですか?

目詰まりを起こし、刃物が滑って研げなくなる可能性があります。

砥面が変形してきたが対処法がありますか?

刃物を研ぐ事により砥石の変形が始まり、研ぐ回数を重ねる度に、刃物の平面までも損なわれていきます。
砥面を「空母」、「硝子修正器」、「なおる」等の修正器で修正してからお使いください。

共擦りでの修正はできますか?

共擦りは可能ですが、より正確な修正が可能な修正器のご使用をお勧めいたします。

3micron class以下の細かい砥石が柔らかくなってしまったが対処法がありますか?

保管状況によって軟化、質的変化をしてしまった状態です。この場合は「修正用パウダー中目」を使用し軟化した部分を削り取って良く汚れを洗い流してから、再度(修正用パウダー細目)砥面を仕上げてください。

復活砥石で20micron classの砥石をドレッシングができますか?

ドレッシング可能です。
復活砥石は、8micron classより粗い砥石にご使用いただけます。

その他のご質問

商品の値段は?

オープン価格となっておりますので、各販売店様にお問い合わせください。

シャプトンの砥石を海外で使用できますか?

ご使用は可能ですが、地域によっては乾燥によるヒビ割れの可能性があります。